課せられたこと

課題バンドが始まりまして〜〜サポートの人になったんですよね


サークル活動に対して、もう特に何かをしたいなって思うこともすっかり無くなってしまって、

ろくに参加してもない人間をサポートに入れるってなかなかすごいなあと思ったんですね〜

たぶん枠が空いててちょうど私が空いてただけの話やと思うんですけど


で、今日が初めての顔合わせで、わけ分からん同期と、あんまり深く関わったことのない後輩二人と、新入生三人なんです

曲も決まったし基礎練やって、譜読みの読み方を(後輩が)教えて、ちょこっとだけ練習をしました


年下の子って私苦手なんですけど、やっぱり可愛らしいもんですね

緊張してんのやろうなって思いながら、私も人見知りやから緊張しちゃってちょっと距離置いちゃったりね


練習が終わって、忘れてたなってことで自己紹介をみんなでしたんですね〜

でもみんなわりと緊張してる感じやって、私ああいうふわふわした空気も苦手やから、一人一人に一個ずつ質問したんです

好きな食べ物は?
好きな色は?
好きな動物は?
好きな歌手は?

なんか、不意打ちの質問やったせいかして、みんな笑顔で話してくれたんですよ

私それがどうしても嬉しくて


いつもバンドをやるとき、楽しくやりたいって思ってて、そりゃ誰だって思うやろうし、みんなそう思って活動してるとはもちろん思ってるけど


なんか、わざわざこんなサークルを選んで入ってきた新しい子たちが、楽しくないなって思って辞めてほしくないなって思って

私はもう続ける意欲があんまり無いから、私のことはどう思ってくれてもいいんやけど

せめて最初のバンド活動、ちょっとでも楽しかったなって思ってほしいなって、思っちゃったんよなあ



押し付けがましいことこの上ないし、まだ最初やからどうなるか分からんけど

技術面ではサポートなんて大したこと出来へんから、何かこう、楽しくね、思ってくれたらいいよね


ほ〜〜〜〜んまに何様!?(笑)(笑)(笑)



でもねえ、帰り一人の男の子と一緒やったんですけど、一生懸命話してくれていい子やなって思いましたよ

話聞いてたらすごい子やったから、私は語彙力もなく褒めることしか出来かったけどね


残り少なそうな私の頑張りは、サポートっていう新しい立場から、新入生を支えることに向けようかな〜って思った良い日でした


みんながんばってね