読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きることは

信じること


ふーん…

清水翔太の LIFE って本当に良いですね。
最後に聞きたかったなあ、ラストライブはやっぱり行くべきだったんでしょうかね…。



さて、19日に一つの区切りがありましたね。

お別れなんですねえ、これで。


何ていうかですね、私が入ったときにいちばんの憧れだったんですね。

ああ、めっちゃくちゃにかっこいいなって、思える人がたくさんいたんです。女の人も、男の人も。


で、そのかっこいい姿を、ステージに立っているのを、見るのが大好きだったんです。


私は、しょうみアカペラなんてばちばちに大好きとかじゃなくて。
好きな人が、かっこいい人が、すっっっっげえステージを作ってるのを見るのが好きなんです。

だから同期とか後輩より、自然に上回生の洗練されまくった、やけど伸び伸び自分らしくやってるステージを見るのが本当に好きやったんです。

ファン心理が強すぎて、ずっとそう思ってました。


でも、もうそれを見れないんやなあ…。


なして、あんな泣けるんですかねえ。
いや思ってたよりは泣かなかったけど。

ずっ。さんとか、メドレーでぼろっときて、また会える日までとかねえ、だめですねえ〜。

そういえば去年の卒ラでもいかれてた気がする。




いや〜〜〜 いやあ

花束が似合いますよね、かっこいい人たちは、最後までかっこいいから。


こうなったら当たり前なんですけど、それを受け取る自分って 想像できないですねえ。

胸張ってもらえるようなことを、今までしてないからでしょうね。

ちょっと悲しくなっちゃったよ〜。


ぶっちゃけあんまりこの先続ける気持ちがないんですけど、それでも私は花束を絶対に渡したい人がいるので、それまで消えるわけには いかないんよなあ。

私には今大好きで仕方ない人がいるので、なんか、うまいこと原動力に変えれたらいいけどね。



逸れた!

とりあえず、憧れの人たちがいなくなってしまうことは悲しくて仕方ないので、しばらくぼんやりしてます。

話せたことはあんまり多くなかったけど、それでもこっそり演奏やら何やらを楽しみに、サークルにいてました。



ちなみに今回の卒ラで、私は2つだけステージに出ましたね。

どっちも本当に本当に大好きで、練習期間の短さは練習量が〜とかじゃなくて、もっと話したかったなあって意味でだけ、ちょっと後悔してたり。


片方は、よく帰りが一緒になる大好きな人たち。
もう片方は、私がずっと組みたかった、もう一度一緒に歌いたかった大好きな人たち。

メンバーを改めて見たらどっちもすごい人しかいなくて(笑)

私なんかが一緒に立っていいわけなかったんですけど、快く引き受けてくれて、何て良い人たちなんだ…って なんかね、幸せいっぱいです。

カス女のくせにって思われてそ〜〜(笑)


あーーーあ!もっと歌が上手かったらなあ!


いやほんまに、感謝してもしきれないなあ。
本当にありがとうございました。



大好きなかっこいい人たち…

またっ会〜え〜る〜日ま〜で〜


お疲れさまでした。