大阪たられば何ちゃら

今週のお題「私のタラレバ」

お題があったから考えてみようね〜。


いろんな場面でタラレバは思いますよね。

・あのときちゃんと勉強してたらなあ
・あのときゲームせんかったらなあ
・零くんがランキングボーナスじゃなければなあ


ろくなもんが思いつかないね。
テスト終わったばっかりやし、あんスタに関しては 本当、なに?この1年半ぐらいの中で最高にがんばってる。零くんほしいもん〜




浪人のときの話でもしますか。
せっかくなのでね。


知っての通り19歳の1年は浪人生として過ごしました。文系やったし予備校なんて無駄やと思ってたから、浪人確定〜夏ごろまではずっと家にいました。

そっからはもともと行ってた個別塾もたま〜に行ってたけど、本当アホなのがつらくてつらくて。


なんでそもそも浪人になったかと言うと、志望校決めたのが秋やったんですね〜。10月ぐらい。

遅いよね?遅かったんよね〜。

しかも格上の大学やったんでね、勉強してもしても本当にだめやった。
でも何でかすごい行きたかったんだ〜〜、まあ興味ある分野だったのもあったんやけど。


それで、アホのくせにそこしか行く気なかったから、公募も何も受けてないから丸腰のまま年明けて、入試行って完敗して、塾の先生に言われるまま他大の後期試験も何個か受けたけどね、あれ受かるわけないんだわ。

今でも恨んでるけどまじで詐欺やからな。3人しか受かってへんかったぞ、何やそれ。



まあそんなこんなで3月末に浪人が決まりますよね、そっからは地獄の日々でしたね。

なんかね、フルーツグラノーラを食べてたんですよ。なんでか忘れたけど。

たぶん食費減らすためかな? なんかとりあえず家に迷惑かからんように生きてたんです。



で、フルーツグラノーラ生活を続けてたらね、ある日まじで食欲なくなったんですよ。

やばいことに私、今まで体調崩すってことが滅多になかったんですよ。いつも健康優良児やったのに。


食欲がなくなって、重いものが食べられなくなって、昼にたまにラーメンが家にあったんですけど、つらくてつらくて泣きながら流しにポイしてましたよ。



それとかね、なんか夢見があんまり良くなかったのね。

今でも覚えてるのが、学校(たぶん小学校)にすーーーーごい列が並んでるんですよ。

で、私はそれを横目にしながら、道が坂になってるんで降りて行くんです。

ずーっとずーっと続く列の先頭が、ちょうど学校の門にあって、そこになぜか大きい水槽があったんですよ。

何やろって思って見たらね、自分がおるんですよ、水槽の中に。

水槽の中からじっと見てるんですよ。

で、動けなくなって、でもなんか口パクパクしてるから何やろって水槽に耳あてたらね、「ごめんね」って言ってたんです。


こわくない?

意味わからんすぎて怖くない??


なんかね、こういう死にそうな思いを抱えて大学に想いを馳せてたこともありました。


別にこれ不幸自慢とかじゃないから〜〜〜。
こんな恥自慢できるわけないから〜〜〜。


まじで人生の汚点ですよ、汚点。

私だって3回生と一緒に卒業したかったわ。


こんなクソみたいな1年を過ごしたおかげで、素敵なお友だちにもたくさん……ではないけど出会えたし良かったよ。



でもまあこんな必死の思いでやっと受かった大学での生活は、だんだんゴミみたいになってきてまじで、まじでまじで反省する。


とりあえず春休みの目標は、資格の勉強するってところで。




そういえばタラレバ忘れてたけど、高2、せめて高3になる春ぐらいから勉強してたらなあ〜〜でした。




寝る。